読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPEAKEASY

secret

SPEAKEASY

That’s What I Want To Say

『神様メール』感想

f:id:kakuyoku913:20170421225150j:plain

~あらすじ~

”ベルギーのブリュッセル。とあるアパートに家族と共に生活している神は、慈悲深いという人々が抱いているイメージとは真逆の嫌な人物であった。自分の部屋に置かれたパソコンを駆使して世界を管理しているが、いたずらに災害や事故を起こしては楽しんでいた。そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エア(ピリ・グロワーヌ)は、家出を考える。立ち入りを禁じられている父親の部屋に忍び込んだ彼女は、全人類それぞれの死期を知らせるメールを送信して家を飛び出してしまうが……(シネマトゥデイより)。”


映画 『神様メール』 予告編

この映画の監督さんね…ジャコ・ヴァン・ドルマルというこの人は天才だと思う!

あいかわらずの映像美、

どこか『不思議の国のアリス』のようなシーンたち。

幸せなシーンではパステルカラー調、暗いシーンでは徹底的に灰色の描き分け!

画面テーマ設定の斬新さもさることながら、今作で見せたのは独特過ぎる比喩表現の数々…

「真珠が大理石の階段を転がるような華やかな声」

「30人の男がクルミを割るような声」

こんなこと思いつくやつは頭がおかしいんじゃないかな?(褒め言葉)


この映画を見た後に(前にでもいいよ👍)

ぜひとも監督の前作である『ミスター・ノーバディ』は見てほしい!一人のおじいちゃんの何通りもの人生を2時間弱に無理なく詰めこんでる‼(むしろこっちのほうがおススメ本命)


ミスター・ノーバディ

この作品では、ちょっとした”映画の革命”が起きてると思う…ので、いつか別記事で紹介したいなぁとは思う。

 ~~~~~

この映画、主人公が神様の娘さんなんです!

でも、親父であるところの「神」は、皆が信じるような聖なる存在ではなくて、偏屈で飲んだくれのクソ親父🌀

自分の退屈を紛らわすために「人間」を作り、不幸を吹っ掛けては楽しんでるというクソっぷり。(しかも、"神"の仕事場は暗~~~い書斎のオンボロPC👏)

そんな親父に嫌気が差して、主人公のエア(ピリ・グノワール)は、使途を集め、新たなる聖書「新・新約聖書」を書き綴るために下界へ飛び出すのです☀

それだけじゃあありません!置き土産と言わんばかりに親父のPCから余命宣告メールを人類全員に送りつけて出ていっちゃったから~さあ大変!!!

ある日突然「あなたの余命は、あと○○年○○ヶ月○○日○○時間○○分○○秒(カウトダウン形式)」って「神様メール」が送られてきたら、あなたならどうする?

"カウトダウン"ってのが、絶妙にいやらしくて素敵ですね✨(褒め言葉)


「あなたの余命はあと4秒…3…2…1……」で事故に遭って死ぬ人や、

「62年生きられます!」と送られてきて、面白半分で自殺を試みる青年も(神の宣告なのでウルトラミラクルが起きて絶対に死にません)


あと数年しか生きられないと知ったら

会社に行かなくなるし、なにやってもどうせ死ぬ(死なない)からこわくないぜヒャッハー!して、社会がまわらなくなるんだよなぁ……(時代はニートですよニート💨)


神から死期を知らされた人間たちが余生をどう過ごすのか…そんなテーマを、選ばれた6人の使徒たちのエピソードをつなげて、半ばオムニバス形式で覗き見ていく…(実際はそんなたいそうなものではございません)


片手を失った美女

小鳥と一緒に旅に出たいおっさん

変態性欲魔人のおっさん

自分を殺し屋だと思い込むおっさん

満たされぬ思いを抱えたマダムwithゴリラ

親に病気にされた女装少年


6人が全員イロモノぞろい…いや、半分オッサンじゃないか!




しっかし…原題にもなった「新・新約聖書(The Latest TESTAMENT)」の言葉の仰々しさとは裏腹に…

エアちゃん含めた神様ご一家は「おいおい…そんなので大丈夫か💦」と思うほどのテキトーっぷり。


はるか昔に家出したJ.C.というお兄さんがいるんですけど…この人こそが"神の子"ジーザス・クライスト!

そんな彼が妹のエアにアドバイスをします…

「弟子だ!聖書を書かせる弟子が必要だ!俺の集めた12人の使途に新しい使途を6人加えて18人にしよう!」

「なんで18人なの?」

「母さんの好きな数字が18だからさ!(意訳:母さんが野球好きだろ?18人いれば試合ができる!すごくね?)」


その妹のエアちゃんも、

使途にすべく選んだ6人は親父の"人類"ファイル棚をテキトーに開いて、手前から6枚を引き抜いただけ☀ 選…んだ?


これ…敬虔なキリスト教徒の方々からしたら発狂ものなのでは?(キリスト教原理主義は…云々)

宗教的な意味でも、ちょっと欧米での反応が気になる。


まあまあ、そんなことよりも

主役のピリ・グノワールちゃんが美少女すぎてツラい!!!んだ!!!!

まさしく灰色の人間界に舞い降りた天使(神の子)なんですよこの子!

f:id:kakuyoku913:20170422001832j:plain

 

 

いろいろユニーク

「私の兄はJ.C」「JC…ジャン・クロード・ヴァン・ダム?」ベルギージョーク!

 

 

 

 

 どうでもいいけれど…

この映画「ゴリラ映画」でもあるんですよ!

ゴリラマニア垂涎のベッドシーンもあるよ😜💨💕 妊娠させちゃうよ👶ウーベイビーイェアー

(おばさんとゴリラの純粋で動物的な愛が描かれるんだけど、たぶんネタとして入れ込んでるだろうなぁ。映画マニアはみんなゴリラすきだし✨マイティジョー)

f:id:kakuyoku913:20170421231110j:plain


映画『神様メール』 ゴリラ インタビュー映像

 

偶然にも、同じ日に見た『素敵なサプライズ』(全記事)と「死の扱い」において対照的な作品。

いつ訪れるかわからないサプライズ「突然の死」と

神から宣告された余命「予告された死」という形である。

うーん、ありえん良さみが深い(致命的な語彙力不足)(後から追記予定)

広告を非表示にする